FC2ブログ

新作歌舞伎「新説雨晴譚」

去る23日(土)、24日(日)の両日、
新作歌舞伎「義経守護岩~新説雨晴譚」を富山で上演しました。
初日の会場は富山県教育文化会館。

出番前の楽屋で四天王揃ってまずは一枚
楽屋にて
     左から山口さん、へろへろの私、一越さん、中島さん

何故へろへろかと言うと、出番までの時間に、出演の奥州侍九人と四天王の二人の顔をしたのです。
(顔をするとは、お化粧をする事の意味)歌舞伎研修所の後輩、一越さんにも協力してもらいましたが、舞台に上がる前に早くもどどっと疲れました。
それに加え、自分の稽古不足もあり不安で一杯の初日。

こども歌舞伎指導者仲間の立花志穂さんも、地元の侍女役の顔をしたりで大変でしたね。
同じくこども歌舞伎指導者である長唄の田口さんや義太夫の朝輝さん弥吉さん、演出助手・殺陣の菊月さん、みなさん本当に大変でした…

翌日は富山県高岡文化ホールで千秋楽。
こちらは開演前の舞台で弁慶役の藤間勘左さんとわれら四天王。
開演前
         写真中央が勘左さん。右下が私です。

勘左先生は歌舞伎会、舞踊会の大先輩です。以前私は「棒しばり」の踊りを伝授していただきました。
今回の公演は、他に林与一さん、林啓二さんといった大先輩方が出演されています。
同じ舞台に上がれて有難く、身が締まります。

その中で、気心の知れた仲の帆之丞さんの義経役に、かなり緊張感が伝わりました。頑張れ!帆ちゃん四天王が付いているぞ!

美鈴姫役の麻尋えりかの可愛いこと…舞台を必死に頑張っていました。

がんばれ姫様!!その魅力にすっかりファンとなった野郎ども四天王も心の中でエールを送りつつ、二日間共に満員御礼の大声援のうちに感動の舞台は終わりました。

…が、その感動の余韻に浸る間もなく、私はひとり酒田へ向かう
…はずが、寒波の影響で酒田行きの電車が運休。
なんとか新潟まで戻り、ホテルのそばの洒落たお店で一人飲み。
新潟の夜

お疲れ様です。

皆様方ありがとうございました。
スポンサーサイト



ご報告です!

去る10月に開催しました「日本舞踊千川流 二代目家元襲名記念公演」が
平成24年度 山形県 芸術祭 “優秀賞”をいただきました。

◇優秀賞 【日舞】日本舞踊千川流(酒田)
           =観客と舞台が一体となった千川流二代目の襲名披露公演

昨日、宗山流胡蝶さんたちが祝宴を開いて下さいました。

祝宴
 (左から)胡蝶さん、浅草芸者の聖子さん、私、蝶ノ介さん

嬉しく、楽しいお酒のハシゴですっかり酔っぱらいました…

講習会延期のお知らせ

“2月の活動予定”としてご案内しておりました22日(金)の「新作舞踊講習会」ですが、
都合により開催を延期させてただくことになりました。
4月、もしくは5月に行わせていただきますので、その折にはまた改めてお知らせ致します。
直前でのお知らせになりましたこと、誠に申し訳ありません。
今後とも何卒よろしくご指導・ご支援の程お願い申し上げます。
プロフィール

千川貴楽

Author:千川貴楽
日本舞踊千川流二代目

国立劇場歌舞伎俳優養成所第八期卒業、十一世市川団十郎襲名公演『助六』で歌舞伎俳優として初舞台をふむ。
その後高麗屋、9代松本幸四郎を師事し歌舞伎、時代劇、ミュージカル、新劇等数々のTVに出演。
現在は、各地の日本舞踊千川流舞踊教室指導を中心に、古典舞踊を基礎とした数多くの歌謡舞踊、創作舞踊などを振付、構成し、後進の指導に専念する。
また文化庁人材育成支援事業の江戸東京博物館子ども歌舞伎講師も勤めている。

チケット購入や問い合わせなどお気軽に・・・。
千川貴楽(携帯)
090・3121・9426

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
QRコード
QRコード
RSSフィード
ブログ内検索